被害を生む復讐ポルノ犯罪

復讐ポルノとは元恋人への復讐や腹いせを目的に、相手のヌード写真などの卑猥な姿をインターネット上などにばらまく行為のこと。リベンジポルノとも言う。

恋人または配偶者という関係だったからこそ許せたような極めてプライベートな姿が、インターネットで不特定多数が閲覧出来る状態にされることで、リベンジの対象となった側は深刻なダメージを受ける。

一旦出回った画像を回収することは事実上不可能に近い。リベンジポルノはかつて合意の上で撮影された画像であるため、従来の法体制ではプライバシーの侵害を問えないとされる。

アメリカでは特に盛んに行われており、問題視されてきた。2013年10月にカリフォルニア州で初めてリベンジポルノを禁止する法律が制定され、違反者には懲役最大6か月と1000ドルの罰金が課せられることになった。

同法によれば、合意の上で撮影された写真でも写った人の同意なく投稿されれば違法とみなされる。一方、流出者と撮影者が同一人物でない限りこの法律は適用されないという制限がある。

日本では2013年10月に東京三鷹市でストーカー殺人事件が発生したが、容疑者と被害者は元恋人の関係であり、事件発生直前に容疑者はリベンジポルノを行っていたことが報じられている。

PR

apple 修理
恋人に携帯電話を壊されて困っている時に、こちらの修理屋さんをご利用するといいですよ♪