高齢者向けのおいしいムース食宅配サービス

高齢者のための介護食、ムース食を宅配しているところを紹介します。

 

 

ムース食・介護食とは

介護食は、やわらかさや飲み込みやすさに応じてムース食、やわらか食、きざみ食、ミキサー食、とろみ食などがあります。

 

 

高齢者の食事

高齢になると食欲が減り、たくさんものが食べられなくなります。
さらにミキサー食やとろみ食は水でのばして柔らかくするので量が増え、食べる量が増えて余計食べづらくなります。

 

ムース食・介護食が必要なる病気

 

嚥下困難

脳血管障害、心筋梗塞などで脳に障害がでると、飲み込みにくい症状が出ることがあります。
それ以外に、年齢的に咀嚼力が落ちて噛めなくなる
唾液が出にくくなって飲み込みが悪くなる
入院している間点滴を受けていたら筋力が落ちて自力で食べることが難しくなった
薬の副作用で嚥下困難が出る
など原因はいろいろ考えられます。

 

 

充分に食事が取れない場合

あまり食べられず点滴を受けていると、栄養が不足してきます。
人によっては胃瘻を作ることがありますが、一度つけたら取り外しが難しいので慎重にならざるを得ません。

 

栄養が取れないと、抵抗力が弱くなり、感染症にかかりやすくなったり、
また無理に食事を取ろうとすると、誤嚥し嚥下性肺炎を起こす危険もあります。

 

 

ムース食を上手に使う

 

介護食は、食べられる柔らかさ、硬さに応じて色々なものが用意されています。

 

食べられない場合は、介護食を一度使うとよいでしょう。

 

選ぶときのポイントは

  • 日替わりで食事の楽しみがあること
  • 費用が高すぎないこと
  • 食中毒などの心配がないこと
  • 簡単に使えて介護者の手間と時間的負担がかからないこと

 

 

ムース食を市販しているメーカー

エバースマイル

介護食区分3のムース食を作っています。

 

タイヘイ

介護区分3の舌でつぶせるムース食を販売しています。

 

日清医療食品

噛む、飲み込むことが難しい方のムース食
病院、施設などと契約し販売、一般販売はしていません。

 

 

マルハニチロ
UDF1から4までの全ての介護食を取り扱っています。

 

キューピー
介護区分1から4までの介護食を販売
在宅介護向けにスーパーなどで市販しています。

 

 

メニュー紹介

 

ムース食の区分

 

区分1 簡単に噛める

鶏団子の野菜煮込み
エビだんごのかき玉
煮込みハンバーグ
おじや かきたまごぼう
おじや 五目ひじき
おじや 五目チラシ風

 

紅鮭雑炊・ほたて雑炊・牛時雨ぞうすい

 

区分2 歯茎でつぶせる

親子丼ふう
鮭大根
牛すきやき
鶏肉ゴボウ
けんちんうどん
すき焼き
貝柱のかき玉
肉じゃが

 

鯛と蟹の雑炊

 

区分3 舌でつぶせるムース食

かぼちゃの煮物
肉じゃが
大根のそぼろあん
さつまいもの煮物
鶏肉と卵
かれいと大根の煮もの
蟹クリーム煮
やわらかごはん

 

 

区分4のかまなくていい食事

 

食事というよりはペーストに近い状態です。
にんじん、
鶏肉と野菜のペースト
豚肉と野菜のペースト
白身魚と野菜のペースト
すりおろしりんご
など